ペルーのアンデス音楽紹介

ティコナさん

ティコナ セサル

ペルー共和国アレキパ市生まれ。

14歳でサンポーニャ(楽器)を吹き始め、ペルーの国立大学で音楽を専攻。アレキパ市の舞踏フォルクローレ楽団に所属し、海外公演で来日。以後25年以上にわたり、大阪・兵庫を中心に日本各地で公演を行う。演奏会ではペルーの文化や食事についても紹介し、両国の架け橋となっている。

ウクライナ支援やユニセフチャリティーコンサートなどでも出演している。

日本経済新聞にインタビュー記事掲載

提供可能なプログラム

・ペルーの文化・食事

・南米の伝統音楽、アンデスの楽器の話

・サンポーニャ・ケーナ演奏